#59 サッカーとジュニア【無酸素トレーニング編】 Vol.4

4:無酸素性トレーニング

 無酸素性のトレーニングは、スピードトレーニングとスピード持久力トレーニングに大別されます。さらに、スピード持久力トレーニングは、メンテナンストレーニングとプロダクショントレーニングに分けられます。

 4-1:スピードトレーニング

 スピードトレーニングは、瞬時に動作を起こす必要性のあるゲーム状況を認知する能力の向上、瞬時に動作を起こす能力の向上および高強度運動の中で素早く力を発揮する能力の向上を目的として行われます。スピードトレーニングの原則を表4に示します。スピードトレーニングを実施する際は、短い時間で全力を出し切ることが重要です。スピードトレーニングの例を図9に示します。

表4:スピードトレーニングの原則

    

図9:スピードトレーニング例(キャッチ)

 

4-2:スピード持久力トレーニング

 スピード持久力トレーニングは、無酸素性のエネルギー供給によって、瞬時にパワーとエネルギーを発生する能力を高めたり、パワーとエネルギーを持続的に発生し続ける能力を高めたりすることを目的として行われます。スピード持久力トレーニングの原則を表5に示します。スピード持久力トレーニングもスピードトレーニングと同様に主運動中は、極めて高い強度で実施する必要があります。メンテナンストレーニングの例を図10に、プロダクショントレーニングの例を図11に示します。

表5:スピード持久力トレーニングの原則

図10:スピード持久力メンテナンストレーニング例(アタッキング)

図11:スピード持久力プロダクショントレーニング例(ハンティング)

 スプリントパフォーマンスは、スピードトレーニングを実施することで向上することが期待できます。高強度運動パフォーマンスは、スピード持久力トレーニングや有酸素性高強度トレーニングを実施することで向上することが期待できます。

 

5:サッカーにおけるパワートレーニングの考え方

 サッカーでは、パワートレーニングを①基礎パワートレーニング②変換パワートレーニング③サッカーパワートレーニングの3つに分類して考えることができます(図12)。

図12:サッカーのパフォーマンスと3つに分類したパワートレーニングとの関連

 5-1:基礎パワートレーニング

 基礎パワートレーニングは、フリーウェイトや各種トレーニング機器を用いて高い外的負荷に対して動作を行います。スクワットやレッグプレスなどがトレーニング例です。

5-2:変換パワートレーニング

 変換パワートレーニングは、トレーニングを通して、ジャンプや急激な加速・減速、方向転換のように基礎的な筋力をサッカーに関連した動きの中で発揮する能力を高める内容です。ボックスジャンプやハードルジャンプなどがトレーニング例です。

5-3:サッカーパワートレーニング

 サッカーパワートレーニングは、基礎や変換パワートレーニングで養った能力をシュート、加速・減速、スプリントなどの強度の高い試合中の動きに還元できるようにする内容です。サッカーのパワートレーニングの例を図13に示します。

図13:サッカーパワートレーニング例(加速・減速・シュート)

 筋発揮パフォーマンスは、これらのパワートレーニングを参考に実施することで向上することが期待できます。

 

  4回にわたり、ブログを書きました。現代のエリートサッカー選手にはどのような能力が求められているのか、その能力はどのように客観的に評価することができるのか、そしてその能力はどのようなトレーニングで向上することができるのか、について誰かの参考になれば幸いです。

 

引用文献

・ヤン・バングスボ(2008)ゲーム形式で鍛えるサッカーの体力トレーニング.大修館書店・東京.

・ヤン・バングスボ,イェスペル・L・アナセン(2018)パフォーマンス向上に役立つサッカー選手のパワートレーニング.大修館書店・東京.

・広瀬統一,菅澤大我(2016)サッカーボールを使ったフィジカルトレーニング.ベースボール・マガジン社・東京.

中京大学スポーツ科学部 准教授 大家 利之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください