#3 トップレベルのサッカー選手が持つ2タイプのスタミナとは!? その①

良く試合を通して、この選手はスタミナがある、もしくはスタミナ不足などという話を耳にすることがあるかと思いますが、そもそもスタミナとはどういったものを指すのでしょうか?そこで、今回は2タイプのスタミナ(今回はそのうちの1つ)についてお話しようと思います。

 

 

休まずに動き続けるスタミナとは!?

まず、1つ目にご紹介させて頂くスタミナは、“休まずに動き続けるスタミナ(持久力)”についてです。

イメージ的にいうとマラソン競技など運動中に休みを挟まず動き続けるものを指します。(レース中駆のけ引きにより、ペースが変動したりもします。)このタイプの運動に必要なエネルギーを生み出す為に欠かせないのは空気中にある酸素で、いかに効率よく体に取り込むことができるか!?が重要なカギとなります。(運動生理学の分野では酸素を取り込む能力のことを最大酸素摂取量(ml/kg/分)などと表現しています。)めちゃくちゃ簡単にいうと、決められた時間内でより多くの酸素を自分の体に取り込むことができれば、高いレベルの運動を続けやすくなる!ということです。但し、体の大きさも考慮することをお忘れなく!

* ml/kg/分(1分間に体重1kg当たりに取り込むことのできる酸素量ml

 

例えば、どちらが凄いと思いますか?←例文が正しいかは、なんとも言えませんが。。。

  • 体重 200kg のお相撲さんが5Lのコーラを一気飲みしました。
  • 体重 38kgのモデル体型のOLさんが5Lのコーラを一気飲みしました。

勿論、答えは②ですよね!?

そんなに小さな体でなんでそんな量のコーラを飲めちゃうの!!!!!?

 

ってな感じで、スポーツ選手も同じように体重あたりに取り込める酸素の量が多ければ多い程、スタミナ(持久力)があると言われます。

 

具体的に数値として示した表がありましたのでご紹介させて頂きますね(^^)/

サッカーの場合の最大酸素摂取量(ml/kg/分)

男性:54-64 ml/kg/分

女性:50-60 ml/kg/分

 

一番値が高い競技は75ml/kg/分でクロスカントリースキーとランニング(マラソン)となっています。

 

ちなみに、世界的にも数値が高い選手は最大酸素摂取量が100ml/kg/分近くまであるようです。

 

まとめ

今回は、2タイプのスタミナのうちの1つをご紹介させて頂きました。自分が行っている競技のスタミナレベルを把握しておくことは、試合の結果が戦術 or 体力で勝敗を分けたのか?などを判断する際の手助けとなります。チャンスがあれば是非活用してみて下さいね!

 

 

PS

そもそも最大酸素摂取量(ml/kg/分)ってどうやって測定できるの!?という疑問が浮かんでくると思うので近々ご紹介させて頂きますね(;’∀’)。

 

 

「#3 トップレベルのサッカー選手が持つ2タイプのスタミナとは!? その①」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください