#12 脱水状態を見極める2つの方法

100回記念の夏の甲子園、史上最多の56校が連日熱戦を繰り広げていますね!!

試合が熱いのは大歓迎ですが、グランドが暑いのは困ったものです…

今回の大会では熱中症対策として開会式で給水タイムが設けられ、

試合中も状況に応じて給水タイムが設けられるそうです。

運動中の水分補給といえば、以前のブログを覚えていますか??

https://sports-okinawa.org/game-practice-water-salt/

 

その中で「運動による脱水で体重が2%以上落ちないよう水分補給しましょう」

とお伝えしましたが、

今回は脱水状態を見極める2つの方法をご紹介します。

方法①:自覚症状による脱水状態の見極め

運動によって脱水状態が進行すると、下の図のような脱水の自覚症状が現れます。

                                                                                                                                (長谷川 2018)

「体重の2%が脱水すると喉の渇きを感じる」とありますので、

体重の2%以上の脱水を防ぐには…

喉の渇きを感じる前に水分補給をすることが重要です。

(感じてしまったらすぐに水分補給をしましょう。)

 

脱水状態を見極める方法➁:おしっこ(尿)の色による見極め

運動によって脱水が進むと、おしっこの量は減り、色は濃くなります。

そこで、おしっこの色で脱水状況を見極める方法として、

下の図のような「おしっこカラーチャート(Urine color chart)」が考案されています。

脱水によって体重が2%以上落ちるとおしっこの色は5になりますので…

脱水をしていないときのおしっこの色は、チャートの1~3となります。

ちなみに、

おしっこの色が4~6のときは軽い脱水状態、7以上のときは完全な脱水状態となりますので、

以前のブログで紹介したような適切な水分補給を速やかに行いましょう。

https://sports-okinawa.org/game-practice-water-salt/

 

尚、このおしっこカラーチャートには注意点があります。

!!おしっこの色は薄ければ薄いほど良いというものではありません!!

水を飲み過ぎると頭痛や吐き気、けいれんなどの症状が現れることがあります。

これは前回のブログの復習ですね!

https://sports-okinawa.org/game-practice-water-salt/

 

!!おしっこの色は摂取した食品の影響で変わることがあります!!

例えばビタミンのサプリメントを摂取すると、

脱水状態でなくてもおしっこの色が濃くなることがあります。

 

まとめ

脱水状態は自覚症状やおしっこの色で見極めることができます。

喉の渇きを感じたときやおしっこの色が濃いときは、脱水状態にある可能性があります。

速やかに適切な水分補給を行いましょう!!

 

PS

高校球児のみなさん、熱中症に十分注意して熱いプレーをたくさん見せて下さい。

沖縄代表・興南高校、2010年以来の優勝を期待しています!!

 

参考資料

  • スポーツにおける実践的暑さ対策とその応用(長谷川博 2018)
  • Assess Your Hydration Status(NCAA)
  • Accuracy of Urine Color to Detect Equal to or Greater Than 2% Body Mass Loss in Men(Mckenzieら 2015)
  • Nutrition for Athletes(International Olympic Committee)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください