#19 オリンピックのメダリストに必要な5つの「精神力」とは!?

 

昨日までセーリングのワールドカップが神奈川県の江の島で開催されました。

この大会は全ての競技通じて初めての東京オリンピックのテスト大会でした。

そのような大事な大会で日本代表選手は、470級男子・園田/ 外薗組が金メダル、470級女子・吉田/ 吉岡組が銀メダルを獲得しました!!

そこで今回は、セーリング日本代表選手の強さの秘密を「精神力」の観点から検討した論文(萩原ら 2014)をご紹介します。

 

セーリングは時々刻々と変化する風、波、潮などの自然の力を利用して戦術や戦略を組み立てて行われる競技です。

また、競技中はコーチの助言を受けることができず、選手があらゆる判断を自身で行わなければなりません。

したがって、セーリング競技者は予測力と判断力を駆使して最適な戦術や戦略を組み立て、自信と決断力を持ってそれらを実行する必要があります。

もし戦術や戦略の実行が失敗に終わった場合でも、動揺せずに集中力を保つよう自身の精神状態をコントロールする必要があります。

つまり、セーリング競技で勝つためには強い「精神力」が求められるのです。

 

今回ご紹介する研究では、セーリング日本代表選手とユース日本代表選手の「精神力」を「心理的競技能力診断検査」によって比較しています。

 

心理的競技能力診断検査(DIPCA. 3)では52個の質問項目に対する5段階の回答(いつもそうである、しばしばそうである、ときどきそうである、ときたまそうである、ほとんどそうではない)を12の項目(忍耐力、闘争心、自己実現意欲、勝利意欲、自己コントロール能力、リラックス能力、集中力、自信、決断力、予想力、判断力、協調性)に分けて診断します。

さらに、「忍耐力、闘争心、自己実現意欲、勝利意欲」を「競技意欲」、「自己コントロール能力、リラックス能力、集中力」を「精神の安定・集中」、「自信と決断力」を「自信」、予想力と判断力」を「作戦能力」と5つの項目にまとめて評価します。

 

下の図は日本代表選手(男女32名)、男子オリンピックメダリスト(1名)、女子オリンピックメダリスト(1名)、ユース日本代表選手(男女46名)の「心理的競技能力」を比較したものです。

ユース日本代表選手は日本代表選手に比べて「競技意欲」や「精神の安定・集中」が低い結果が見られました。

このことから、ユース選手のコーチには競技力向上の指導に加え、選手の「競技意欲」や「精神の安定・集中」を向上させる指導が求められます。

その具体例として、選手に見合った目標を設定する、モチベーションややる気を高めるような声かけをする、競技時の行動をパターン化(ルーティン化)して冷静さやリラックス、集中力を高めるといった指導法が挙げられます。

 

ユース代表選手は日本代表選手に比べて「自信」や「作戦能力」が低いという結果も見られました。

その要因としてユース選手の競技経験の少なさが考えられ、競技経験を積むことで「自信」や「作戦能力」は向上すると思われます。

その際にコーチには競技後に改善点を提起して選手の「作戦能力」を高める指導や「思い切りの良い判断をする」や「良い順位を獲得するイメージを持つ」などの教示で選手の「自信」を高める指導が求められます。

 

また、オリンピックメダリストは日本代表選手に比べて、「心理的競技能力」が全体的に高い傾向にあり、「精神の安定・集中」ではどちらのメダリストも満点を獲得していました。

メダリストは「リラックス能力」と「集中力」によって失敗を減らし、失敗してしまった場合でも「自己コントロール能力」によって失敗の連鎖を断つことができるのではないでしょうか?

つまり、セーリングの一流競技者にとって「精神の安定・集中」は必要不可欠な「心理的競技能力」であると思われます。

 

この研究はセーリングの競技者の「心理的競技能力」(精神力)について検討したものでしたが、すべての競技に通じるところがあるのではないでしょうか?

先日の全米女子オープンテニスの決勝の結果にも「心理的競技能力」が大きく影響していたように思います。

一流競技者を目指すユース世代の選手やそのコーチは、「心理的競技能力」を意識しながら日々のトレーニングを行うのが良いのではないかと思います。

 

PS

渋滞の58号線も、進まなくったて、イライラしないようにします。

 

参考文献

萩原正大、米倉礼子、藤原 昌、千足耕一.セーリング競技における国内一流選手およびユース選手の心理的競技能力.スポーツパフォーマンス研究 6, 51- 61, 2014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください