#21 箱根駅伝予選会における「乳酸ニーヨン(2, 4)ワクワク大作戦」とは??

明日10月13日(土)、第95回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会(箱根駅伝予選会)が開催され、本戦への出場枠11をかけて39の大学が競い合います。

各大学10~12名の選手がハーフマラソンを走り、上位10名の合計タイムによって順位を決めます。

よって、数名の選手が優れたタイムを出しても予選を突破することは難しく、10名の選手が好タイムを出す必要があります。

10名の選手が好タイムを出す確率を高めるため、箱根駅伝予選会では多くの大学が「集団走」を行っています。

数名で構成された集団には「ペースメーカー」となる選手が配置されており、その選手が集団を先導することで、集団内の選手が好タイムで走る確率を高めます。

集団のメンバー構成やレースペースは、予選会までの走タイムや当日の体調に基づいて決定されていると思われます。

走タイム以外にメンバー構成やレースペースの決定に役立つデータはないでしょうか??

各選手の血中乳酸濃度のデータがあれば、メンバー構成やレースペースの決定に役立つのではないでしょうか??

その根拠は「エネルギー代謝を活かしたスポーツトレーニング」(八田秀雄著)にまとめられています。

そこで今回は、この参考書から考えられる箱根駅伝予選会における「乳酸ニーヨン(2, 4)ワクワク大作戦」(青山学院大学・原晋監督 風)をご紹介したいと思います。

 

「乳酸性作業閾値(LT)」とは??
まずは運動強度と血中乳酸濃度の関係を見てみましょう。

運動強度が高くなると血中乳酸濃度が高くなるという関係が示されています。

もっとよく見ると、血中乳酸濃度が急に高くなり始める運動強度があるのが分かります。

そのような運動強度を「乳酸性作業閾値(Lactate Threshold: LT)」と呼びます。

 

なぜLT強度から血中乳酸濃度が高くなるの??

LT強度から血中乳酸濃度が高くなるのは、運動の「主な」エネルギー供給源が脂肪から糖に変わるためです。

下の図のように、安静時に脂肪と糖の使われる比率はおよそ2:1ですが、LT強度ではおよそ1:1となり、さらに高い運動強度では糖の比率がさらに高くなります。

では、なぜ糖の利用比率が高くなると血中乳酸濃度が高くなるのでしょか?

下記の図は糖が利用される反応経路を示したものです。


糖(グルコース、グリコーゲン)が利用されるとピルビン酸ができます。

その後、ピルビン酸は酸化されて二酸化炭素(CO2)と水(H2O)になります。

しかし、運動強度が高くなって糖の利用比率が高くなると、ピルビン酸を酸化する経路の処理能力を上回るピルビン酸ができてしまいます。

すると、酸化経路に入れなかったピルビン酸は、乳酸となって経路に入る順番待ちをします。

そのため、糖の利用比率が高まると血中乳酸濃度が高くなるのです。

 

一時的に乳酸となったピルビン酸はその後、ピルビン酸に戻って酸化され、二酸化炭素と水となります。

その際にはエネルギーの詰まった化学物質(アデノシン3リン酸: ATP)ができます。

ですので、乳酸は溜まるだけの老廃物ではなく利用可能なエネルギー源なのです。

 

箱根駅伝予選会における「乳酸ニーヨン(2, 4)ワクワク大作戦」とは??

LT強度で感じる運動のきつさは「(快調だけど)少しきついかな??」くらいです。

よって、NAHAマラソンでの目標が「完走」というあなたの場合、LT強度を保って走り続けるのが良いでしょう。

一方、マラソン選手はLT強度よりも高い運動強度で走っています。

LT強度での血中乳酸濃度は「2」ミリモルくらいですが、マラソン選手は血中乳酸濃度が「4」ミリモルくらいの運動強度で走っています。

血中乳酸濃度が4ミリモルとなるときの運動強度は「OBLA(Onset of Blood Lactate Accumulation)」と呼ばれ、マラソン選手のトレーニングやレースペースの検討に活用されています。

 

下の図のように、マラソンのレース序盤はOBLA強度がおおよそ同じ選手(A~C選手)が集団となって走っています。


しかし、レースが進むにつれてOBLA強度が低いB選手は集団のペースについていけなくなり、集団から脱落します。

また、OBLA強度が最も高いC選手が集団のペースを上げると、OBLAちょうどの強度で走っていたA選手もやがて集団から脱落します。

 

このことから、下記のような箱根駅伝予選会における「乳酸ニーヨン(2, 4)ワクワク大作戦」を考えてみました。

① OBLA強度が高いC選手がペースメーカーとして、OBLA強度が最も低いB選手が集団から脱落しないペースで集団を先導する。

➁ レース終盤、B選手が確実に好タイムでゴールできる距離まで到達したら、C選手はA選手がぎりぎりついて来れるところまでペースを上げる。

③ その後、A選手がついて来れなくなったところで、C選手はスパートをかけて単独でゴールを目指す。

このような集団走を実行できれば、すべての選手が好タイムでゴールすることでき、作戦大成功!!となるのではないでしょうか??

 

しかしこの大作戦、実際には「ミッション:インポッシブル」だと思われます。

LT強度やOBLA強度は体調の影響を受けやすいため、予選会当日の各選手の体調によって作戦が「机上の空論」となる可能性があるためです。

よって、箱根駅伝予選会での集団走の成功は、当日の選手の体調も考慮して集団のメンバー構成やレースペースを決定する監督の手腕に依るところが大きいでしょう。

 

P.S.

箱根駅伝予選会の季節ということは、あと何か月かで今年も終わりですね。

お正月に決意した私の「2018年ワクワク大作戦」って何でしたっけ??

 

参考文献

エネルギー代謝を活かしたスポーツトレーニング,八田秀雄著,講談社サイエンティフィク,2004年

#20 妊婦さんに知っておいて欲しい2つの〇〇とは??

先日の9月16日、安室奈美恵さんが芸能界を引退してしまいました(泣)

実りある25年間を過ごすことができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

25年間ありがとうございました!!

 

安室さんの25年間を振り返ってみると、1年間の産休がありましたね。

産休後1年ぶりにステージに立った時、出産前と変わらない姿に驚いた記憶があります。

安室さんは妊娠中や出産後にどのような体重管理やトレーニングをしていたのでしょう??

妊婦さんにとっては大変気になるトピックだと思います。

そこで、今回は妊婦さんに知っておいて欲しい2つのトピックをご紹介したいと思います。

 

① 妊娠中にどのくらい体重が増えるのが良いの??

妊娠中に体重を増やし過ぎると、巨大児、帝王切開、妊娠高血圧のリスクが高まります。

また、母親の妊娠中の異常な体重増加は、子供が5歳や17歳になった時の肥満のリスクを高めてしまいます。

「妊娠中は赤ちゃんの分まで二人分食べなきゃ」というアドバイスがあります(ありました)が、これは正しくないようです。

 

一方、やせ型の女性の場合、妊娠中の体重増加が不十分であると、早産や低出生体重児のリスクが高まります。

巨大児だけでなく低出産体重児も、成長後に肥満や耐糖機能異常といった生活習慣病の発症リスクが高まります。

 

それでは、妊娠中にどのくらい体重が増えるのが良いのでしょう??

妊娠中の体重増加の推奨値として、下記のような基準が提案されています。

※ BMI = 体重(kg)/ 身長(m)2

 

基準によって体重管理の目的や体重増加の推奨値が異なり、基準の根拠も必ずしも十分ではないようです。

ですので、個人に合った適切な妊娠中の体重増加については、産科の先生と相談するようにして下さい。

また、運動によって妊娠中の体重をコントロールする場合、産科の先生や妊娠中の運動指導を専門とする指導員からアドバイスを受けるのが良いでしょう。

 

➁ 腹筋が離れて開く??「腹直筋離開」とは

出産によって増えた体重を減らすため、出産後にはトレーニングを開始すると思います。

ミランダー・カーさんのような美しい腹筋を取り戻すため、腹筋のトレーニングを重点的に行う方がいるかも知れません。

そのようなトレーニングを始める前に知っておいて欲しいのが「腹直筋離開」です。

 

「腹直筋離開」とは妊娠によって腹部の皮膚と筋膜が大きく引き伸ばされ、腹直筋の結合組織(白線)が広がり、腹直筋が分離した状態になることです。

このような腹直筋離開が出産によって発生する確率は30~70%と言われています。

 

出産によって腹直筋離開が発生すると、腹筋の筋力が低下したり、腹部や腰部の痛みを感じたりすることがあります。

 

腹直筋離開が生じている腹部に対するトレーニングとして、インターネットでは様々な方法が紹介されています。

しかし、それらの根拠は十分ではなく、現在のところ最適なトレーニング方法は確立されていません。

また、誤ったトレーニングを行ってしまうと、腹直筋離開を悪化させてしまうこともあります。

よって、出産後に腹筋のトレーニングを始める際には、産科の先生に腹筋の状態を診察してもらい、出産後の運動指導を専門とする指導員から指導を受けるのが良いでしょう。

 

腹直筋離開は妊娠中のトレーニングによって最小限に抑えることができます。

ただし、妊娠中には時期に応じて避けるべき姿勢や動作があり、適切な姿勢と動作でトレーニングを行わなければなりません。

したがって、妊娠中や出産後のトレーニングは、産科の先生や産前産後の運動指導を専門とする指導員と相談しながら適切に行うようにして下さい。

 

お知らせ

一般社団法人スポーツおきなわでは、産前産後の運動指導を専門とする講師をお招きして下記のような講習会を行います。 台風24号接近に伴い中止となりました。

お申込み、お問い合わせはこちら↓

https://sports-okinawa.org/exercise-seminar-for-pregrancy/

 

参考資料

・産婦人科 診療ガイドライン ―産科編2017.日本産科婦人科学会

・Exercise and pregnancy in recreational and elite athletes: 2016/17 evidence summary from the IOC Expert Group Meeting, Lausanne. Part 3-exercise in the postpartum period.Bo et al., British Journal of Sports Medicine 51: 1516–1525. 2017

・Guidelines and Practical Tips for Training the Prenatal Client. Ziel and Katie, Strength and Conditioning Journal 39: 55-63, 2017

・Diastasis Recti: The 3 Keys to Healing Your Separated Abdominals. https://www.progressivemotion.com.au/blog/july-08th-2015

#16 省エネで走るとタイムが伸びるって本当!?

現在、ジャカルタで行われているアジア大会での日本人の活躍には目覚ましいものがありますね!先日行われたマラソンでは、井上大仁(ひろと)選手(25)=MHPS=が2時間18分22秒で金メダル、野上恵子選手(十八銀行)が2時間36分27秒で銀メダルを獲得。特に井上選手のラスト100mからのスプリント対決には驚かされました。

2020年の東京大会が楽しみですね。

 

そこで今回はマラソン選手のパフォーマンスに関して情報をシェアさせて頂こうと思います。

“#16 省エネで走るとタイムが伸びるって本当!?” の続きを読む «#16 省エネで走るとタイムが伸びるって本当!?»” class=”more-link”>“#16 省エネで走るとタイムが伸びるって本当!?” の続きを読む

#15 「S字型」と「I字型」、クロールで 速く泳げるのはどっち??

 

現在、インドネシアのジャカルタではアジア競技大会が開催されています。

昨日まで行われていた競泳では、日本と中国の金メダル獲得争いが白熱していました。

最終的な金メダル獲得数は… 日本19個、中国19個の引き分け!!

アジアのライバルと競い合った経験を2020年の東京オリンピックにつなげて欲しいですね。

 

今回は未来の競泳日本代表・トビウオジャパンで活躍する皆さんのために、2つのクロールのストローク(水かき動作)をご紹介したいと思います

 

 

アルファベットを描くクロールのストローク

クロールのストロークには下の図のようなS字型I字型があります。

S字型はアルファベットの“S”を描くように曲線的に水をかきます

I字型はアルファベットの“I”を描くように直線的に水をかきます。

 

もともと主流だったクロールのストロークはI字型でした。

しかし、

1972年のミュンヘンオリンピックで7冠を達成したマーク・スピッツ選手がS字型のストロークだった影響で、S字型が主流となっていきました。

しかし、しかし、

2000年のシドニーオリンピックで活躍したイアン・ソープ選手のストロークがI字型であったことから、「速く泳げるのはS字型?? I字型??」再び議論されることとなりました。

 

 

流体力学で分かったS字型とI字型の特徴

専門家高木英樹教授(筑波大学)、中島求教授(東京工業大学)らの研究グループは流体計測解析技術を使って、次のようなS字型とI字型の特徴を明らかにしました。

 

S字型は少ない発揮パワーで効率よく泳ぐことができます。

このことから、泳ぎの効率が重要な400m以上の中長距離種目に向いています。

 

I字型は直線的に水をかくため速いスピードで泳ぐことができます。

このことから、効率よりもスピードが重要な50~100mの短距離種目に向いています。

 

このような特徴は、水をかくときに手の周りに発生する“渦”が原因となっています

すなわち、曲線的に水をかくS字型と直線的に水をかくI字型では異なるタイプの”渦”が手の周りに発生し、それぞれのストロークの推進力に影響を及ぼしているのです。

 

 

S字型とI字型、どっちが良いの??

S字型とI字型のストロークの特徴から、

400m以上の中長距離種目ではS字型を使っている選手が多く

50~100mの短距離種目ではI字型を使っている選手が多いようです。

しかし、

イアン・ソープ選手はI字型のストロークを使って1500mで結果を出しました

同じように1500mで結果を出した孫揚選手も、I字型のストロークを使っていたように見えました。

 

泳ぐスピードはストロークの頻度(ピッチ)に関係しますので、腕を速く回すことで泳ぐスピードを上げることができます。

効率の良いストロークであるS字型でピッチを上げて行くと、早いピッチに肩回りの筋肉が対応できなくなり、曲線的に水をかけなくなってしまいます。

そうなってしまった場合は、効率の良いS字型を諦め、直線的に水をかくI字型に変えてピッチを上げる必要があります。

このことから、

S字型で泳ぎ始め、泳ぐスピードが上がって来たらS字型からI字型へとストロークを少しずつ変え、I字型でラストスパートをするというように、S字型とI字型を使い分けるのも良いかもしれません。

ストロークの使い分けという考え方からすると、「右手はI字型、左手はS字型」とストロークを使い分けるのもおもしろいですね。

 

それで結局のところ、S字型とI字型、どっち良いの??

うん?!?! 悩みますね。

選手の体格や筋力やキックを含めたテクニックによって最適なストロークは異なります。

ですので、「こっちが良い!!」と はっきりと答えるのは難しいです。

 

S字型とI字型、自分にとってどちらが良いか試してみて下さい。

また、S字型やI字型とは違った軌道や手の向きで泳ぎ、S字型やI字型とは違った”渦”を手の周りに発生させてみるのも良いかもしれません。

色々なストロークを試すことで、自分にとって最も良いストロークを見つけて下さい。

みんなちがってみんないい。

 

参考資料

・ 高木英樹、中島求 (2016) S字ストロークか?I字ストロークか?―最適クロール泳法のメカニズムを解明―

・ 中島求 (2016) 最速のクロール泳法.TechTech ~テクテク~ 30: 6-9.

 

 

 

 

 

 

 

#7 熱中症の応急処置ステップ4を整理しよう!

 

いよいよ夏本番、気温、湿度、活動量が増えることに伴い熱中症のリスクも大幅に上がります。対策を十分にとったとしてもいざ具合が悪くなった場合はどうするの?そんな時に落ち着いて対処できるように情報の整理をしておきましょう。

“#7 熱中症の応急処置ステップ4を整理しよう!” の続きを読む «#7 熱中症の応急処置ステップ4を整理しよう!»” class=”more-link”>“#7 熱中症の応急処置ステップ4を整理しよう!” の続きを読む

#5 熱中症対策に欠かせない暑さ指標(WBGT)ってなに!?

7月に入りいよいよ夏本番!!夏休み期間中は、練習や試合で長時間外に出ることが増えます。そこで気になるのが熱中症!みなさん、気にはなっているももの、意外と情報を整理できていないのでは?そこで今回は熱中症に関する情報をご紹介します。

 

暑さ指標(WBGT)ってなに!?

暑さ指標(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)とは熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案され、①湿度、②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺環境、③気温の情報をもとに指標化されています。暑さ指標(WBGT)が28℃(厳重警戒)を超えると熱中患者が著しく増加すると言われています。

 

暑さ指標(WBGT)の求め方は?

WBGT値と気温、相対湿度との関係をご紹介させて頂きます。下記の表を確認してみると、気温33℃、相対湿度20%の場合暑さ指標(WBGT)は24℃となります。ここで重要なのは、ただ気温が高いか低いかではなく、相対湿度も非常に重要な指標になっていることです。例えば、気温は25℃でも相対湿度が90%以上になると、暑さ指標(WBGT)は28℃となり、熱中症患者が著しく増加することが予想されます。

 

暑さ指標(WBGT)はどう使う?

暑さ指標(WBGT)を日常生活と運動時にそれぞれどのように活用するのかをまとめた表が下記となります。運動をする際は暑さ指標(WBGT)21℃以上から熱中症による死亡事故が発生する可能性があると記載されています。みなさんも日頃の活動内容やレベルに応じて各指針を参考にしてみて下さいね。

暑さ指標(WBGT)の実況と予報を確認してみよう!

環境省のサイト:http://www.wbgt.env.go.jpでは下記のように暑さ指標(WBGT)を地域ごとにタイムリーで確認できるのでご活用下さい。

まとめ

今回は熱中症に関する指標や指針についてご紹介させて頂きました。夏休みも近づき熱中症のリスクが増大することが予想されます。運動する際は暑さ指標(WBGT)の事前確認をお忘れなく。

 

PS

沖縄は台風当たり年かも、、(^^;

#4 トップレベルのサッカー選手が持つ2タイプのスタミナとは!? その②

前回は、”休まずに動き続ける”スタミナについてお話させて頂きました。今回はもう1つのタイプについてお話しようと思います。

 

様々な動きを繰り返し続けるスタミナとは!?

サッカーでは攻守が目まぐるしく入れ替わることで、ダッシュ・ストップ(減速)・ジョギング・切り返し(方向転換)・ジャンプ etcなど、“様々な動きを繰り返し続けるスタミナ”が重要とされます。例えば、フォワードの選手が空いているスペースに飛込み、味方からボールを受け1対1を仕掛けるといった一連の流れには、スペースに飛び込む際の①ダッシュ、ボールを受ける際の②ストップ(減速)、1対1での③切り返しなど様々な動きが要求されます一連の流れの中で如何にスピードやパワーを落とさずに繰り返し続ける”ことができるか(あえて動きに緩急や強弱を局面もありますが、今回はその点に関しては触れません)、さらに一連の動作終了後、次の局面までに”如何に早い時間で回復することができる”かも非常に重要なポイントとなります。

 

グラフでイメージを掴んでみましょう(^^)/

 

下記は、5回の運動を少しの休憩を挟み全力で行った際のパワー出方をイメージ化したグラフです。

グラフ①

パワーは高いが、回復が遅くパワーが急激に下がっていく選手

グラフ②

回復が早くパワーは下がりにくいが、パワーそのものが低い選手

グラフ③

パワーが高い&回復も早い為、高いパワーを持続できる理想の選手

みなさんはどのタイプに当てはまりましたか?

グラフ①に当てはまったみなさんは高いパワーを持続できるように持久系トレーニング(回復能力を高める効果がある)を追加し、グラフ②に当てはまったみなさんはより高いパワーを出せるようなトレーニングを追加してみると良いでしょう。

30m走を20秒の休息(インターバル)を挟んで全力で5~10本行った後、1本目のタイムに比べ、5~10本目がどれくらい落ちているのか&1番早いタイム(通常は1本目)を調べると良い指標になるかもしれませんね。

自転車エルゴメーター(エアロバイク等)などの機器がある場合は7-10秒の全力漕ぎを20秒の休息(インターバル)を挟んで5~10本行い一番高いパワー&1本目に比べてどれくらい数値が下がったか(逓減率)を測定してみるのもお勧めです。

 

まとめ

2回にわたりスタミナというキーワードを掘り下げてみましたがいかがでしたか?今回ご紹介させて頂いた以外のスタミナもあるかと思います。重要なことは、日頃なんとなく使っている表現でも“指導者と選手で共通の理解やイメージを持つ”ことが大切で、トレーニングのみならず日々の練習や試合でもそういった点を意識する必要があるかもしれませんね(^^)。

 

 

PS

日本残念でした、、、既に次回のワールドカップが楽しみです!!

#3 トップレベルのサッカー選手が持つ2タイプのスタミナとは!? その①

良く試合を通して、この選手はスタミナがある、もしくはスタミナ不足などという話を耳にすることがあるかと思いますが、そもそもスタミナとはどういったものを指すのでしょうか?そこで、今回は2タイプのスタミナ(今回はそのうちの1つ)についてお話しようと思います。

 

 

休まずに動き続けるスタミナとは!?

まず、1つ目にご紹介させて頂くスタミナは、“休まずに動き続けるスタミナ(持久力)”についてです。

イメージ的にいうとマラソン競技など運動中に休みを挟まず動き続けるものを指します。(レース中駆のけ引きにより、ペースが変動したりもします。)このタイプの運動に必要なエネルギーを生み出す為に欠かせないのは空気中にある酸素で、いかに効率よく体に取り込むことができるか!?が重要なカギとなります。(運動生理学の分野では酸素を取り込む能力のことを最大酸素摂取量(ml/kg/分)などと表現しています。)めちゃくちゃ簡単にいうと、決められた時間内でより多くの酸素を自分の体に取り込むことができれば、高いレベルの運動を続けやすくなる!ということです。但し、体の大きさも考慮することをお忘れなく!

* ml/kg/分(1分間に体重1kg当たりに取り込むことのできる酸素量ml

 

例えば、どちらが凄いと思いますか?←例文が正しいかは、なんとも言えませんが。。。

  • 体重 200kg のお相撲さんが5Lのコーラを一気飲みしました。
  • 体重 38kgのモデル体型のOLさんが5Lのコーラを一気飲みしました。

勿論、答えは②ですよね!?

そんなに小さな体でなんでそんな量のコーラを飲めちゃうの!!!!!?

 

ってな感じで、スポーツ選手も同じように体重あたりに取り込める酸素の量が多ければ多い程、スタミナ(持久力)があると言われます。

 

具体的に数値として示した表がありましたのでご紹介させて頂きますね(^^)/

サッカーの場合の最大酸素摂取量(ml/kg/分)

男性:54-64 ml/kg/分

女性:50-60 ml/kg/分

 

一番値が高い競技は75ml/kg/分でクロスカントリースキーとランニング(マラソン)となっています。

 

ちなみに、世界的にも数値が高い選手は最大酸素摂取量が100ml/kg/分近くまであるようです。

 

まとめ

今回は、2タイプのスタミナのうちの1つをご紹介させて頂きました。自分が行っている競技のスタミナレベルを把握しておくことは、試合の結果が戦術 or 体力で勝敗を分けたのか?などを判断する際の手助けとなります。チャンスがあれば是非活用してみて下さいね!

 

 

PS

そもそも最大酸素摂取量(ml/kg/分)ってどうやって測定できるの!?という疑問が浮かんでくると思うので近々ご紹介させて頂きますね(;’∀’)。

 

 

#2 ワールドカップレベルのスタミナは!?

日本がセネガルと2-2で引き分け、日本代表も海外代表チームと互角に渡り合えることを示してくれました!第3戦が楽しみですね。
そんなトップレベルの選手達のスタミナについて少し調べてみたのでご紹介しますね。

今回ご紹介するのは、2008-2009,2010,-2011にヨーロッパリーグでプレイしたプロサッカー選手(147名)のスプリント活動と移動距離に関するデータです。
*CD : Central defender (セントラル・ディフェンダー) 39名
*ED : External defender(エクスターナル・ディフェンダー)35名
*CM : Central midfield (セントラル・ミッドフィルダー)35名
*EM : External midfield(エクスターナル・ミッドフィルダー)20名
*F : Forward(フォワード)18名

プロサッカーのゲーム中には120-250の異なる動きがあり、方向転換の動作に関しては1100回程度行われていて、フォーメーションやポジションにもよりますが、彼らのピッチ上での動きは4-6秒おきに変化しているそうです。

1試合の移動距離は!?

CM(セントラル・ディフェンダー)が1番移動距離が長く11 760±797 m(11.76km前後)、その他、EM(エクスターナル・ミッドフィルダー) : 11745±689.98m(11.74km前後)、 ED(エクスターナル・ディフェンダー) : 11063.2±790.71(11.06km前後)、F(フォワード) : 10939.8±648.18(10.9km前後)と続きます。また、前半よりも後半の移動距離が長いというデータも興味深いですね!

1試合あたりのダッシュの距離が長いポジションは!?

全体の移動距離の中でダッシュの距離が長いのは、F(フォワード)で345 ± 29 m、その他、EM(エクスターナル・ミッドフィルダー) : 314±123 m、 ED(エクスターナル・ディフェンダー) : 265±121 m、CD(セントラル・ディフェンダー) : 186±82 mと続き、最もダッシュの距離が短いのはCM(セントラル・ミッドフィルダー) : 167±87 mでした。全体の移動距離とスプリント距離の割合(%)に関しても、フォワードが3.13%という高い結果となっています。

1回にダッシュする距離はどのくらい!?

全体平均は21±3 mで、1回で1番長い距離をダッシュするのはED(エクスターナル・ディフェンダー): 22.0±4 mでこの距離はEM(エクスターナル・ミッドフィルダー):20.7±3 mよりも5%、CM(セントラル・ミッドフィルダー): 20.7±3 mよりも10%高い数値となっています。

ゲーム中一番早く走るポジションは!?

ずばり、F(フォワード)が一番早く33.1±1.9 km·h-1、順にEM (エクスターナル・ミッドフィルダー): 32.9±2.0 km·h-1、ED(エクスターナル・ディフェンダー) : 31.8±2.0 km·h-1、CD (セントラル・ディフェンダー): 31.7±1.8 km·h-、と続き、最もスプリント速度が遅いのはCM(セントラル・ミッドフィルダー) : 31.0±1.7 km·h-1でした。

 

ダッシュ間の休み時間が一番短いポジションは(‘’◇’’)ゞ!?

F (フォワード) : 311±72EM(エクスターナル・ミッドフィルダー): 331±113 sのポジションは、CM(セントラル・ミッドフィルダー):567±275 s とCD(セントラル・ディフェンダー): 540±221 s に比べて休みが短い傾向にあるようです。

 

まとめ

今回はスタミナという何となく漠然とした言葉を少しだけ見える化できたような気がします。エリートリーグで成功しているチームはそうでないチームに比べて、より早いペースで走ったりしているというデータもあるようです。
あとは、各チームのスタイルや、戦術、大会レベル、体のコンディション等を踏まえた戦略、及びコンディションづくりをしてみると良いかもしれませんね。

 

PS
決勝Tに進んでほしいですね!

参考文献
Marcin Andrzejewski, Beata Pluta and Jan Konarski. (2015) Sprinting Activities and Distance Covered by Top Level Europa League Soccer Players. International Journal of Sports Science & Coaching · February 2015 DOI: 10.1260/1747-9541.10.1.39

#1 ワールドカップレベルの体重・体脂肪とは!?

先日はワールドカップで日本がコロンビアに2-1で見事に勝利をおさめました! 凄いですね!!

そこで今回は、どのような選手がワールドカップに出場しているのか!? 気になったので、体重・体脂肪に焦点をあてリサーチしてみました。これからワールドカップ出場を目指す選手にとって少しでも参考になれば幸いです。

全選手がワールドカップに参加しているわけではありませんが、イギリス・サッカープレミアリーグのトップチーム、U21、U18、の選手の体重・体脂肪に関しての情報があったのでご紹介させて頂きますね。

 

測定人数 : 1st チーム(27名)、U21(21名)、U18(35名)

体脂肪率(%):1st チーム(10.00±1.6%)、 U21(11.6±2.5%)、U18(11.4±2.6%)

脂肪量(kg):1st チーム(7.8±1.6kg)、 U21(8.8±2.1kg)、U18(8.2±2.4kg)

筋肉量(kg):1st チーム(66.9±7.1kg)、 U21(64.6±6.5kg)、U18(60.6±6.3kg

 

下記、文献の要約を更に要約したものです↓

各カテゴリーの測定(体重・体脂肪率)を行った結果、体脂肪率(%)、脂肪量(kg)に関しては、1st チームが他のカテゴリーよりも低いという結果だったが、それ以上に注目すべきは1st チームとU18カテゴリーとの筋肉量(kg)の差であり、若いカテゴリーの選手は、体脂肪率(%)や脂肪量(kg)を下げることよりもトレーニングや栄養指導を取り入れ筋肉量(kg)を増やすことをお勧めする。

 

さぁ、この論文を踏まえてもしもあなたが17歳の選手だった場合はどうされますか?

①私は1st チームの選手よりも筋肉量(kg)が少ないからガンガントレーニングをしよう!

②私はU18の選手の筋肉量(kg)の平均程度はあるから今のままで無理せず成長とともに自然に筋肉量(kg)が増えるのを待とう!

 

正解は、、、、、、、、、、

どちらとも! ←多分。。

 

つまり、個々の選手は成長段階(生理的年齢)によってそれぞれ状態が異なる為、一概にああしろ!こうしろ!とは言えないということです。骨端線が閉じ、身長の伸びもある程度落ち着いてきた選手は、上のカテゴリーの数値を目標にしてみるのも良いでしょう。しかしながら、その準備が整っていないのにも関わらず、数値だけを追いかけるということは必ずしも良い結果に繋がるとは言い切れません。トップ選手と同じ強度やボリュームのトレーニングを継続的に積むことは難しいので。。

 

まとめ

文献検索を行ってみると、過去に色々な方々が沢山のリサーチを行っていることに改めて気づかされました。とても有難いですね!そして、それらの貴重なデータやご意見をもとに新しい可能性を探っていくのも面白いかもしれませんね。とにもかくにも、トップ選手の体脂肪率(%)が10%前後だということを知れたことは収穫です!これからのみなさんの練習やトレーニングの参考にしてみて下さいね。

 

PS

今度は、トップ選手の身長と体重のデータでも調べてみようかな。

 

参考文献

Milsom J1Naughton RO’Boyle AIqbal ZMorgans RDrust BMorton JP. (2015) Body composition assessment of English Premier League soccer players: a comparative DXA analysis of first team, U21 and U18 squads.  2015;33(17):1799-806.